スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hope

Joe Parks
                                                                                                      photo by Joe Parks



語りがたきものを語るために

わかち合いがたきものをわかち合うために

表現し得ぬものを表現するために

出会うべきものが出会うために



夜の海を照らす灯台の火は広大な闇の中

それはあまりに小さく弱く心もとない


この光が誰かに届くことがあるのだろうか

このまま誰に気づかれることもないのかもしれない

この火をともし続けることに意味があるのだろうか


自身の存在を幾度も幾度も疑い

否定すらした暗澹たる日々


ときにあまりの孤独感や無力感に苛まれ

これ以上傷つくことがないように

その火を消そうとしたことがあったかも


火を灯さぬ他の何かになろうと

もがき悶えたことがあったかも


灯台である自分自身をこの世界から

消し去ってしまおうと覚悟したことがあったかも


それでも火を灯し続けることをやめなかったのは

その願いは叶えられるという微かな希望が

決して消えることがなかったから


わたしであり続けることが願いと共に

光となって海を照らす


海の果て、 どうかこの願いが届きますように

闇の彼方、 どうかこの光が届きますように



スポンサーサイト

2016

2016 A Happy New Year



新しい年がはじまりました。

始まりの新鮮な気持ちと なにが生まれるのだろうというワクワクする気持ちに満たされています。


ただここに在るということの不思議さやこの奇跡についていろいろと感じ 想います。


何かを成すことは素晴らしいことですが、在ることに気づくということもとても大切なことであると思います。

在ることの素晴らしさに気づいた精神はその自然な反映として素敵な何かを生み出していくでしょう。

かならずしもカタチではなくても 目に見える成果や結果ではなかったとしても たとえ誰に気づかれることがなかったとしても

そのやさしさや心遣い、愛はちゃんとこの世界の本質に響き循環していくのだと思う。


日々の小さなことを大切に 今を過ごしていきたいと思います。



今年もよろしくお願いいたします。







COCOROKEN Final

光に満ちて



今年も残すところわずかになってまいりました。


今年やり残していることや来年に向けてとまとめや準備に動き始めている方もいらっしゃることと思います。


そんなどこかせわしい年の暮れですが、ここはひとつ落ちついて心をみつめる機会になればと今月も心研を開催したいと思います。


「豊かさ」  「自由」  「愛」  「おそれ」  「才能」  というテーマを軸に 自身の心を見つめながら語り合ってきた心研も今回が最終回となります。


最終回のテーマは 「存在」 について


今までのテーマや語り合いを振り返ってみますと、必ずと言っていいほど存在という言葉が切り離せないものとして上がっていたように思います。


心を語る上で通らざるをえない存在というテーマを自身の心に照らしながら見つめ語り合うことができたらと思います。



日時: 12/19(土) 16:00~18:00

                                       参加費: 2.000円

同日18時より打ち上げ&忘年会・鍋パーティーを開催します。
心研のみ、忘年会のみの参加も歓迎いたします。

                                         会費  1.500円

会場 Cocolabo
  地図

住所 仙台市泉区将監11-14-6 


お申し込みはこちらから cocoronokotoba@cocolabo.info

Facebookのメッセージからでも申し込み頂けます


※定員になりしだい締め切りとさせていただきます




COCOROKEN 5

gift




朝夕の冷え込みが体に凍みるようになってまいりました。

冬の足音、 もう今年も終盤ですね。



今月も心研(こころけん)を開催したいと思います。

夏のはじめ頃から続けております心研もお陰様で今回で5回目となりました。

参加してくださったみなさん、応援して下さっているみなさんいつもありがとうございます。


前回「おそれ」についての回もなかなかに深い語らいが展開され、おそれについての新たな視点が開けたような思いでおりました。

おそれはおそれであることに留まらず、自らの心の奥に秘められた願いや才能を指し示すものであるのかもしれない 

という一つの気づきに可能性を感じたところから


今回の心研では 「才能」 について語り合いたい思います。


自分自身や周りが認めている才能からまだ気づかれていない、または才能とは到底思えないようなものについてなど。

そして自分にとって才能とはなんであるのか? 才能にまつわる自信や不安、嫉妬、抵抗、憧れなど、想うところを自由に出し合いシェアしていきたいと思います。

自分自身の持つ才能についてを見つめ、お互いに気づき深め合う機会になればと思います。





日時: 11/29(日) 15:00~18:00

参加費: 2.000円

会場 Cocolabo
  地図

住所 仙台市泉区将監11-14-6 


お申し込みはこちらから cocoronokotoba@cocolabo.info

Facebookのメッセージからでも申し込み頂けます


※定員になりしだい締め切りとさせていただきます




COCOROKEN 4

翔ぶ



木々の葉もだんだんと色づいて秋が深まってまいりました。

秋きれい。 今度、芋煮会もするんだっ 楽しみだなぁ。

秋を楽しもう!


芋煮の前にわすれないでね心研。

第四回の心研が来週の日曜日にあります。

今回のテーマは「おそれ」について。


誰しもの心にあるおそれというもの。

できることならあまり感じることなく過ごしたいですね。


おそれは克服するもの? 解消するもの?

おそれをおそれるために余計におそれが膨らんでしまっているということもあるのかもしれない。

わたしたちはあまりにその正体がわからないためになんだかよくわからないいままただ何かをおそれているだけなのかもしれない。

そう考えるとおそれって一体なんなのでしょうね?


もちろんおそれは感情的だったり感覚的なものですから言葉でわかったとしてもこわいものはこわいのかもしれない。

でもあえてそこに向き合ってみたら、みんなで語り合ってみたらなにか新しいものがみつかるかも。


おそれを感じる対象、物事、感じ方、対処の仕方などは人によっていろいろあると思う。

そうゆうの語り合って新しい視点が開けたり誰かのおそれを軽くするきっかけになったらいいな。


人に心の内を語ることもそれを聴くこともかけがえのない贈り物。

そんな時間を共有できることはとても素敵なことなんだと思います。



わたしにとってのおそれと言えば、前回のテーマの愛が最大のおそれだったんじゃないかって気がしました。

前回ほんとオロオロしながら進行役をしていたわけですが、なんでしょうね 傷つくことのおそれとか失うことのおそれ、愛されることのおそれなんてのもあったのかもしれない。

愛についての回だったのにすでにおそれについてをやっていたような・・・(苦笑)



ふだんそれほど強くおそれというものを意識していないのだけど、そしてわりと幸福感みたいなものをふわっと感じて生きてるほうだと思っているけど

たま~にふとそういう自分の在り方自体、選択のすべてが間違っていたんじゃないかと思ってしまうことがあって

すると一気にとてつもなくおそれに囚われてしまうことがある。

自分の生き方というのをある程度意識して選ぼうとしていると、もしそうじゃなかったらを考えてしまってなんかおそろしくなってしまう みたいな。

繰り返すうちにだんだんそのパターンやきっかけからもみえてくるものがあったりして・・・ そのあたり心研でお話しできたらいいな。


今回おそれをテーマにしているわけですが、お悩み相談ではないのでなにか問題を解決していこうみたいな視点はないですが、語り合う中で結果的になにか得られたらいいよねと思います。


というわけでラスト2回 心研 よろしくお願いいたしまーす(^^)




日時: 10/25(日) 15:00~18:00

参加費: 2.000円

会場 Cocolabo
  地図

住所 仙台市泉区将監11-14-6 


お申し込みはこちらから cocoronokotoba@cocolabo.info

Facebookのメッセージからでも申し込み頂けます


※定員になりしだい締め切りとさせていただきます









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。