スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜想

sakura



今年の桜、とても美しかった。


うちの近所に素敵な桜並木があるのです。

満開の桜の中を散歩しながら

内側から湧いてくるメッセージに耳をすます。





得ることによって見失い 手放すことで見いだす


何をするか何をしたかをわずらうことはない 

求められているのはどう在るか

数でも大きさでもなくどれだけ心を込めたか

この只今において



事を引き寄せるとはその結果のことでしかなく始まりにあるものではない

在り方はただ事を成していく

そこには何故?がない


満たされると信じた空虚な内側を覗き込んで気づくこと

求めていたものも守ろうとしていたものもわたしですらなかった

その計らいにただ絶句し、もはやゆだねるしかないことの震えるよろこび


小我のわずらいを去り 散りゆくときに散るがよい





あぁ なんだか禅の説法みたいだ。




スポンサーサイト

Essence of Being

つぼみ




春ですね。

1歳になった姪っ子がお庭を元気に歩き回っています。

桜のつぼみも色づきふくらんでもうちょっとで咲きそうです。


しばらくの間、冬眠? をしておりましたが春の陽気に誘われて眠りから覚めつつある今日この頃、

冬眠とは言っても心の内的な活動はとても活発で充実していたように感じます。

心の目を内側に向けて想うこと考えることを生活の中で確認すること、生きていることの実感や存在の不思議に日々夢中でおりました。

そういう感覚に直に触れて過ごしていると、あらたまって表現することや発信することの意味がちょっとわからなくなります。


「ありのままに心が満ちていれば存在すること生きることはそれ自体が美しい表現である」


などと、

柄にもなくかっこいいことを言ってみたりするわけですが、実は表現することを怖がっていることの単なる言い訳なんだと気づいてしまったりして、あらっ。。
我ながらするどい、やっぱり騙しきれないみたいです。

そんなこんなおっかなびっくりでもあるのですが、満ちたものが溢れ始めているということなのでしょうか。
そろそろその時なのかなと感じています。

流れというのは大事です、その時を大切に逃さぬように。

ということで、久しぶりに小さな講座を開こうと思います。



4月27(日) 14:00~15:30


「Essence of Being  存在の本質」


Being ありのまま

人間、 すべての物事のベースとなっているものについて

スピリチュアル 神 存在 真理 悟り それらの核心であるものについて  


根源的で壮大なお題ではありますがお堅い論理や知識ではない、心に響くシンプルでわかりやすい言葉で一緒に考え感じてみたいと思います。

頭でわかるのではなくその場でありのままのBeing(大いなる存在)を体感できる簡単なワークを取り入れたプログラムです。


それぞれの今、内なる本質に触れる気づきのひとときになるのではないでしょうか。


受講料 2.000円

会場 Cocolabo


お申し込みはこちらから cocoronokotoba@cocolabo.info

つながっている方はFacebookのメッセージからでも申し込み頂けます。


よろしくお願いいたします。






最新記事
月別アーカイブ

毎日の花色と四季の景色変わります

プロフィール

齋藤 祐希

Author:齋藤 祐希
Heart Connect Cocolabo
counseling room こころのことば
心理カウンセラー

URL
http://cocolabo.info

Mail cocoronokotoba@cocolabo.info

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。